福扇華

News 新着情報

2020.01.15 イベント 終了

「博多織と落語を楽しむ会」を開催します!

福扇華では、福岡県の魅力を発信するイベントを定期的に開催しています。

今回、福岡県の伝統的工芸品の一つである「博多織」について、博多織最古の織元「西村織物」六代目当主西村聡一郎氏にご登壇頂き、博多織の歴史と落語界や相撲界で博多織が選ばれている理由などについてお話頂きます。
その後、福岡生まれの人気落語家「立川生志氏」の落語会、「福扇華」人気メニューの「水たき御膳」を楽しめる、学びあり・笑いあり・美食ありの盛りだくさんな会を開催いたします。是非、ご参加ください。

【日時】
令和2年2月22日 (土) 11:00~15:00
【参加費】
4,000円

↓お申し込みはこちら↓
https://hanzoumon0222.peatix.com/?lang=ja

【立川生志氏プロフィール】
福岡県筑紫野市出身の落語家。1988年7月7代目立川談志に入門。2008年4月真打昇進。現在、独演会「ひとりブタ」シリーズを各地で開催。東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡やパリ、ミュンヘン、ニューヨーク、ボストンと国内外を問わず精力的に活動。
【西村織物株式会社】
1861年の創業以来150年以上もの長い間、博多の地で誠実にものづくりに取り組んでいる最古の織元。
最高品質の絹糸を贅沢に使い、職人一人ひとりの手作業の連携で一本の帯を仕上げます。
制作理念は「語り継がれるものづくり」伝統的な技法にもとづきながらも、次代に生きる織物の可能性を追究しています。
https://nishimura-orimono.jp/

【最終】FT01_福扇華_B5_立川生志落語会_西村織物イベント_191226_2のサムネイル

一覧を見る